2017_03
06
(Mon)23:24

見る目が変わった! 

5月半ばの西側

写真は、昨年5月半ばの我が家。小窓の窓辺に赤いゼラニュウムを飾っています。
このゼラニュウムは、12月いっぱいは健気に花をつけていたのですが、
さすがに2月の雪が舞う気温に負けて、弱ってしまいました。

そこで、新しい苗を買いに行ってきました。
園芸店は昨年まで徒歩圏に2件あったのに、なぜか2件とも閉店してしまいました。
予告されていた通り、そのうちの1店が3つき3日に新しいお店をオープンしたのですが、
残念なことにバスに乗らないと行けません。

去年はまではワンコを連れてお散歩がてらにお店を覗けたのに、本当に悲しいです。
でも、もう徒歩圏には園芸店がないので、バスに揺られて行ってきました。
山荘風のお洒落なお店です。

新店舗
画像はお借りしました。

お店の中を歩いていて気がつきました。
いつのまにか、私のお花を見る目が変わっているのです。

「この花は押し花にするとどうかしら?」
そんな押し花基準?でばかりお花を見ているのです(^^)

2新店舗
画像はお借りしました。

で、「ワイルド・ストロベリー」をお買い上げ。
イチゴの実が目的ではありません。
イチゴの押し花に添える葉はこのぐらいならちょうど良いかと。
鉢で育てながら、葉っぱを頂戴して押し花にしようと考えています。

ワイルドストロベリー

ビデンス
ビデンス。画像はお借りしました。

窓辺の花は長年赤いゼラニュウムなので、明るく元気な黄色のビデンスに替えようかと迷いました。
でも、バラをピンク系でまとめているので、やはり赤いゼラニュウムに。
ちょっと小さい苗なので、5月までに、いまからスクスクと育ってもらわないとですね!

ゼラニュウム

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

6 Comments

光子  

視点が変わると世界が変わる!ですね

そうそう 興味の範囲が生活の範囲ってことがほとんど
新聞も脳の中の活字に左右されて
眼がおっかけるのは 興味の範囲の活字のみ(爆笑)

フォトも一緒
はっと心に触れる映像しか撮ってませ~ん🎶
そうして日々が繰り返されるのですね

そしてある日突然
別の世界が現れる・・・私の前に!

ず~っと前からそこにあり続けている世界が・・・


窓辺の風景・・・素敵です~~~!

2017/03/07 (Tue) 09:08 | EDIT | REPLY |   

わすれ草  

新しい世界

花を見る目が違う基準になった、嬉しいことですね。
押し花の世界が拓けていくのですね。

私のことばかりで恐縮ですが。
点字を覚えたての頃は、何をみても文節で区切って、頭の中で点字に置き換えて読んでいました。
そうしているうちに今度は、素直に本を読めないことにガックリ。
点訳に時間を費やすので、自分のための読書量は格段に減り、点訳できるかどうかが選書の基準になってしまい・・・です。

2017/03/07 (Tue) 10:08 | EDIT | REPLY |   

六花  

おし花ね!

ふ・ふ・ふって 微笑んでしまいます。 いまねガーベラ押しています。
教え子から貰った花束でおし花額を作って欲しいとの希望で。
ふ・ふ・ふの春に幸せをね! 六花は終わったので「名無し」より。

2017/03/07 (Tue) 11:32 | EDIT | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: ホント、視点が変わると世界が変わります!

光子さん、おっしゃる通りです。
いままでと何も変わらない世界なのに、
視点が変わると、世界も変わります(^^)
不思議ですね!

光子さんのフォトが捉える世界は美しいです。
美しいものを見出す光子さんの視点が美しいのですね☆

ゼラニュウムの窓辺ね、このハンギングバスケットを引っ掛けているので、
真冬でも小窓のガラス戸が少~し開いているのです。サブッ!
素敵!の裏には、見えない苦労があります(^0^)

2017/03/07 (Tue) 21:25 | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: その感覚です!

>点字を覚えたての頃は、何をみても文節で区切って、
>頭の中で点字に置き換えて読んでいました。

↑そうです、わすれ草さん、その感覚と同じです。
見る花、見る花、頭の中で押し花に変換(^0^)
押し花に夢中なんです。

そのうち、私の庭はきれいな押し花にできるかどうかで
選択された花ばかりになるのかもしれませんね☆

2017/03/07 (Tue) 21:31 | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: 六花さん、コメントありがとうございます☆

六花さん、お久しぶりな気がします(^^)
3月までは、毎日どちらかのブログでお会いしていましたものね!
お元気でしょうか?

ガーベラ、色鮮やかで華のある花ですよね!
素敵な作品の仕上がりが目に浮かびます。
六花先生なら、依頼を受けておし花額をお作りになることも多いのでしょうね。

お陰さまで、私は見る花、目につく野草、
みんな「これをおし花にすると・・・」って考えてしまうようになりました(^^;)

2017/03/07 (Tue) 21:39 | REPLY |   

Leave a comment