flower border

物語を綴る~生きる喜びを拾いながら~

おひとり様シニアのひとり言。

しわ寄せは、もっとも弱い子どもに。

Category世の中のこと
昨日、NHKスペシャル「見えない“貧困”~未来を奪われる子どもたち~」. を家事をしながら観た。

いま、子ども6人に1人が貧困状態にあるという。
そして貧困状態にある子どもは、
「努力しても報われない」、「自分には価値がない」、「未来に夢を持てない」と感じている。
なんて悲しいのだろう。

小学校5年生くらい?の男の子が言う。
「親を見ていると、大人になっても大変そうだし、なんとか大人になれたとしても幸せになれるとは思えない。」

子どもの貧困をその親世代の自己責任と突き放す向きもあるけれど、
親世代は就職氷河期に就職活動をせざるをえなかった世代だ。

私の子世代がジャストその時代だった。
息子は大学進学しなかったが、進学組の友人たちは本当に気の毒だった。

そのほんの少し前のバブル時代生まれていれば、就職内定すれば車をプレゼントとか、
社員寮はプールつきとか、呆れるほどの好待遇で就職できたのに、
本当にたまたま、新卒での就活時期がバブル崩壊後になったために、
とりあえず契約社員、といあえず派遣社員、とりあえず院生、などを選ばなければならなかった。

自己責任?
どう考えても違うと思う。

派遣社員法改正もあり、
生き残った多くの企業が、人件費を削減するという方法を生き延びる手段のひとつにした。

勤労者の平均給与は減り続け、そしていま、子どもが貧困に晒されているのだ。

アルバイトを掛け持ちする高校生や
専門学校に進学するするために、教育ローンを借りることを提案される高校生も痛ましい。

世界には、大学まで教育費が無料の国もあるというのに、
この国では月2回の出社で年収1000万円の天下りがある一方で、
高校生がダブルバイトをしたり(勉強する時間ないじゃん!)、
成人する前に、社会人になる前に、奨学金という多額の借金を背負ったりしているというやりきれなさ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2 Comments

六花  

宿命!努力?

我が孫にも関係することですから・・とても切実です。
母子家庭の子は少なからずそんな運命なんですね。
そこから必死で頑張ろうとしている孫を応援していこうと・・。

2017/02/14 (Tue) 09:35 | EDIT | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: 百万馬力!

六花さんとえぞをさんの応援は、
お孫さんたちにしっかり届いていらっしゃいます!
お孫さんたちは、絶対百万馬力☆
頑張ってくれますとも。

2017/02/14 (Tue) 23:30 | REPLY |   

Post a comment