2017_02
09
(Thu)00:12

ID:e166wk 女子力って。 

図書館で読んでいる新聞に「女子力」をテーマにした特集が連載されていた。

この言葉に肯定的な印象を持っているは10代の女性(まさに女子)だけで、
あとのすべての世代の女性は否定的にとらえているというアンケート結果が載っていた。

私も、「女子力」?「ふん!」という感じだ。

たしか70年代、「私(料理を)作る人、僕食べる人」というTVコマーシャルが性役割を押し付けていると反感を呼び、
放送中止になったはず。
なのにいまは、あの時代から進歩するどころか、2歩も3歩も後退している気がするのは私だけではないと思う。

婚約や結婚の会見ではかならず、「(彼女の)手料理は食べましたか?」とか、
「(彼女の)料理ではなにが一番好きですか?」という質問が、彼の方に向けられる。
こういう会見で、男性の方に「家事能力はどのくらいあるか?」などという質問が飛んだためしはとんとない。

「イクメン」という言葉も私はあまり好きではない。
「イクメン」があるなら「家事メン」もあって良いではないか。

聞くところによると、「イクメン」という言葉は厚生省が少子化対策のために(ここが大事)、
男性に育児休暇を取らせようと言い出した言葉らしい。

国の都合で「イクメン」を流行らせられたり、「女性が輝や」かせられたちするのは堪らない。
「保育所落ちた。日本死ね」は、言葉としては好きではないが、生活者の内側から出て来た声、力なのがいい。

こんな記事を書くと、ウーマン・リブのガチガチ頭の女性と思われてしまうかもしれないけど、
私は女性がその特性を活かすことは素晴らしいと考えている。
(もちろん特性を活かさなくてもいいし、活かせなくてもいい。)

出産と無理のない離乳までの育児は、母親の特権であって欲しい。
これは国のためでも、女性のためでも、男性のためでもなく、子どもの幸せを第一に考えてのこと。

幼少期の養育がその子の人格形成にどれだけ大きな影響を及ぼすかを考えると、
安易に国の都合や企業の都合で、ゼロ歳保育を増やしたり、
お乳の出ない父親に「イクメン」させるのも考えものと思うのだ。

話が飛んでしまった。
「女子力」に戻そう。

「女子力」という言葉は、2002年に雑誌「nonno」が「『女子力』つけて、モテる私」
という特集タイトルに使ったのが初めらしい。
やっぱりだよね。男性受けする魅力が「女子力」のもともとの意味なのよ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

4 Comments

六花  

女子

おなご? 女子力とか女子会とか ふーん何だろうって?
思いつつ 自分にはもう関係の無いこととやり過ごしていた言葉でした。
いつもフェリシアさんは 感受性が豊かで きちんと向き合っている。
学ばねばなぁーと 
それにあらたに女子と言う言葉がクローズアップされました。
女子という場合 年齢制限ありますか?

わたしねー 女子とか男子とかは 学校の中で都合上
先生が使う分にはいいよね。だけど日常の中では
あまり区分けするのは好きじゃ無い。

町内会でも 女性部って言うのがあり大会もあるんです。
男性部やら 男性大会は無い。大会の出席する人は○印を
付けて下さいと昨日回覧板が回ってきていました。

2017/02/09 (Thu) 09:49 | EDIT | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: おなごと読めますね!気に入りました(^^)

女子って、私たちの感覚だと小中学生の女の子、ですよね。

でも、いまは40代前後のアナウンサーなどが
「女子会」とか銘打ってTV番組をやっています。

男子会とか男子力という言葉はない。
町内会でも女性部というのがあるのは、
男性が主なる構成員?の町内会の付録?みたいで嫌ですね。

女医も、女子プロゴルファーも、女子プロレス(笑)
そもそも男性がやっていたものを派生して女性もやり始めたという。
男性看護師とか男性保育士とかはその反対ですもんね。

2017/02/09 (Thu) 23:42 | REPLY |   

べに丸  

確かに「男子力」なんて言いませんね

Nonnoですか、懐かしい。

この言葉が出てきた当時は「男受けのする魅力的な女の子になる」
というような使われ方だったのですか。

私は「男に頼らない女」「ジェンダーにとらわれない自立意識を
持った女」、そんな女性の人間力みたいなものかなあと勝手に
考えていました。
真逆の意味に取り違えていましたね(^^;;

2017/02/09 (Thu) 23:59 | EDIT | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: 数字的にはわずかですが、そう解釈する人たちもいます。

「an an」「non-no」、懐かしいですね!

べに丸さんの解釈も、あながち間違いではないのですよ。
和達しが読んだ新聞の特集のアンケートでは、
>「ジェンダーにとらわれない自立意識を持った女」、そんな女性の人間力
↑のように「女子力」をとらえている人たちも少数ですがいました。

ただ、もとをたどると、「男子にモテたい女子がつけておきたい力」。
料理上手、男を立てる気配り上手、おしゃれで可愛い等々なんですね。
そしてこのように「女子力」理解している人も、
アンケートでは各世代で圧倒的に多かったです。

2017/02/10 (Fri) 00:16 | REPLY |   

Leave a comment