2017_02
06
(Mon)00:19

気楽極楽生活に浸り過ぎた! 

昨日はたった2時間イベントのお手伝いをしただけなのに、
なんだか疲れて、帰宅して昼食をとってから1時間お昼寝をしてしまった。

近年にない出来事。
肩は凝っているし、どんだけ緊張したの!って自分に突っ込みを入れたくなる。
これまで、ひとり暮らしの気楽極楽生活にどっぷり浸っていたのだねえ。

気分転換に急行で2駅先の百貨店に行き、
アロマショップ「生活の木」でエッセンシャルオイルを3点買った。

フランス産ラベンダーとローズゼラニュウム、そしてイランイラン。
馴染みのある香りばかり。
いろいろ試してみたけれど、結局私が良く使う香りはこの辺りだ。
一番好きな香りは、リンデンやローズの甘い香りだけど、
目が飛び出るほど高価で、いまの私にはとてもじゃないけど手が出ない。

仕方なしにというわけではないけれど、
ダマスクローズのローズウォーターを化粧水に使っている。

damasukuuxo-ta-

画像はアマゾンからお借りしました。

もちろん、60代の私の肌にはこれだけでは保湿不足なので、
植物性のグリセリンを加えている。

グリセリン
画像はアマゾンからお借りしました。


使うたびにバラの香りに包まれて幸せ。
アルコールフリーなのもいい。

お風呂にも、最近はゼラニュウム&イランイランを3対1の割合で入れている。
どちらも明るく幸せな気持ちにしてくれるオイルなので、
気持のお疲れには良く効くのだ☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

4 Comments

べに丸  

イベントは疲れます。体もさることながら、大勢の視線にさらされ、気を張って
接客するので、精神的な疲労も相当なものだったでしょう。

でも「子ども食堂」のコーナー、盛況でよかったですね。閑古鳥が鳴いたり
すると疲れ倍増ですもの(^^;;

2017/02/06 (Mon) 09:13 | EDIT | REPLY |   

デ某  

お試し・・・

フランス産ラベンダーとローズゼラニュウム・・・にはまるで縁がなさそうですが、
「イランイラン」の語感?に誘われて 検索してみました。
「花野中の花」の意で甘い香りの由・・・ちょっと語感イメージと異なりますね(笑)

私は 香水の匂いをさせている男性には何となく嫌悪感を催していましたが、
外国を旅行すると 男性が普通に香水の匂いを漂わせているのに 
なんと言いますか カルチャーびっくり(笑)して 少し考え方を薄め?ました。

心をリラックスさせるのにアロマテラピー・・・などとも言いますし、
香りが後に残らなければ ちょうどいま妻が介護帰省中なので
私も風のフェリシアさんのようにお風呂で試してみようかなぁ(笑)

2017/02/06 (Mon) 15:41 | EDIT | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: なるほど

べに丸さん、こんばんは。

確かに、もし閑古鳥が鳴いていたら、
本当にもっともっと疲れますね~。

ほかのブースには人がいっぱい、
子ども食堂ブースだけ閑古鳥だったら(^0^)

いい刺激になったと、ありがたく思わなければ!

2017/02/06 (Mon) 21:06 | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: 想定外のコメント!

「イランイラン」
「え?イランのかい!」
とか突っ込んで遊びたくなる名前ですよね。

濃厚な花の香りです。
その昔はその催淫作用から、寝室に置かれたとか。

エッセンシャルオイルは、どれも後に残らない香りです。
ふわっと香って消えていくので、香水のようなどぎつさはありません。
香りは好みがありますので、
最初は一般受けしやすいラベンダーから始めるのが無難かもしれません。

ラベンダーは鎮静作用があるので、心が穏やかになり、
眠りに入りやすくなります。

しか~し、デ某さんがこの記事にコメントをくださるとは意外でした。
イランイラン?いえいえ、イルイル(爆笑)

2017/02/06 (Mon) 21:17 | REPLY |   

Leave a comment