flower border

物語を綴る~生きる喜びを拾いながら~

おひとり様シニアのひとり言。

成功し続けること

Category日記
レッツ☆企業(レッツ☆企業)というサイトによると、企業生存率、つまり企業が生き残る数を表している数字は次のようです。

1年:40%
5年:15%
10年:6%
20年:0.3%
30年:0.02%

起業してなんと1年以内に60%が倒産、5年以内に85%が倒産。
10年生き残れるのはたった6%という厳しさです。

なぜこんな数字に関心を持ったかというと、編曲を生業としている息子が最近ツイッターの更新をしておらず、
果たして仕事が来ているのかどうかと心配だからです。

知生

テレビ、新聞、小さくは地元の情報誌まで、さまざまな成功者のインタビューが取り上げられていますが、
成功とは、成功し続けなければいけないのですよね。
10年後は6%、30年後はなんと0.02%しか生き残れないとは。

TV画面に映る芸人、歌手など、
ついつい「淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。」と、
方丈記の一節を思い浮かべるほど、現れては消えていきます。

息子はエイベックスの経営する専門学校を出てから、
なんとか順調に?作曲・編曲家としてここまで来ましたが、2~3年前から仕事がぐっと減っています。

ただいま、御年44歳。
20数年、音楽でやってこれたことが奇跡なのだけれど、
ここで躓いてしまったらどうしようと、私が考えても仕方ないことを考えてしまいます。

ひかりは、ふた昔前、まだ息子が駆け出しの頃に彼の部屋を掃除しに行って、
ふと覗き見た貯金通帳の残高が、当時の私の貯金額の4倍だったこと。
ちゃんと貯めているのだと安心したことです。


私の次姉は30代半ば頃からひとりである仕事をはじめ、
いまは従業員を10人ほど抱える会社の社長です。

71歳になっても「まだ現場で働かなくちゃいけないんだよ」と言っていましたが、
30年生き残る企業は0.02%ですから、次姉は本当にすごいところを生き抜いてきたのだと、感心しきりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

8 Comments

六花  

風のフェリシアさん おはようございまーす。♡

今日はどうしたことか早いお目覚めにて・これを書いています。
息子さんの事 まあ今まで隠していたんですか?
素敵な息子さん 自分に無いものだから音楽のお仕事って
聞いただけで尊敬です。 

次姉さんの事も ほんとうに尊敬してしまいます。
お姉さんへ腎臓提供なさったお姉さんですよね。
きっと 長姉さんが 守って下さるのよね。
三姉妹なんですね。 優秀な家系なんですよね。
さ・あ今日は何を作ろうかな?

2017/02/01 (Wed) 06:12 | EDIT | REPLY |   

花ちゃん  

大丈夫ですよ。

ご子息はちゃんと乗り切ります!
今までだってちゃんとやって来られたのだし。
きちんと考えて行動する方とお見受けしました。
素敵な息子さんですよね(^^♪

2017/02/01 (Wed) 17:58 | EDIT | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: 隠していたわけではないですが

六花さん、息子とは10年会っていないのですよ。
私から言わせれば、全然素敵じゃありません。
結婚もせず、というより、できず?

自由業というのは、どうなんでしょう。
競争が過激なだけに不安定です。
音楽が趣味だったら、こんなに悩まないのですけどね。
自由業で一生食べていくというのはとても大変です。

次姉は、そうです、腎臓を長姉に提供した姉です。
彼女は本当に強いです。
叔母が、元横綱大鵬が贔屓にした料亭の女将だったんですが、
その血筋を受け継いだのでしょうか。商売上手でもあります。
対照的な姉妹です。

2017/02/01 (Wed) 23:01 | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: 乗り切りますかね?

息子が叔母や姉のように商売上手の血筋だといいのですが、
なにしろ世渡り下手な私の息子なので、心配が絶えません。

華やかな職業だけに、競争が激しいですし、
才能ある若手がどんどん出てきますし。

六花さんのコメントにも書いたように、
ここ10年は会っていないし、何も素敵なことはありません。
ドキドキはするけど、心配でドキドキですもん。

2017/02/01 (Wed) 23:09 | REPLY |   

デ某  

未来はわかりませんが・・・

わが友の一人はただの一度も「就活」ということをしていません。
私の目には才能がキラキラ輝くやつで、シナリオライターをめざしました。
以来四十数年・・・未だ!めざしたまま!です。

看護師のおつれあいとの間に4人の子女をもうけました。
数年前に離婚し(彼女が彼に愛想づかし?)今はアパートの一人暮し、
売れない本業の傍らビルの夜警で食いつないでいます。
おつれあいは岩下志麻さんより綺麗な方で、お互いに一目惚れでした。
子どもは4人とも職をもち一家を為しているのは、父親を見て学んだのか・・・。
しかし彼 今もなお私の目にはキラキラ輝いています、憎らしいほど・・・。

もう一人、音楽家(フォーク歌手)をめざした二つ下の後輩がいます。
なぜ断念したかは今もわかりませんが、神戸で家業の眼鏡屋を継いでいます。
暫く前に会い 久しぶりに彼の歌を聴き昔のままに・・・こころがふるえました。

彼の息子は東京芸大の美術系を出て、売れない絵かきをつづけています。
娘は同じく東京芸大の音楽系を出たのに アニメ制作にのめりこんでいます。
父親の無念?が知らず知らず・・・二人をそうさせているのかもしれません。

私の息子は分子生物学を学び 大学に残って研究者になると思っていました。
しかし 院を終え 研究は研究でも製薬企業(外資)の研究所に勤めました。
外資3社を渡った後 30代半ばで妻子を抱え医学部に入り直しました。

お嫁さんは大反対でもめたものの、私達は最後は承知し家計も支援しました。
去年4月に研修医となり家計も成り立ちましたが、40歳にして漸く医師の卵。
無難に歩んだ父親の対極の人生を歩んでいるのもこの父親から学んだのか・・・。

長くなりました。
ご子息の未来はわかりませんが、ご子息の未来ではあります。
気をもむのも楽しみの一つと心得 支えてあげましょう。

 

2017/02/02 (Thu) 00:06 | EDIT | REPLY |   

わすれ草  

我が愚息も

一時は音楽の道に進みたく、数年間アルバイトで暮らしました。
5歳年上のお嫁ちゃんと年貢を納める決心をして田舎に舞い戻りました。
ろくな就職もできずに心配の種つきない暮らしをしていましたが、ある時から今度は映像にのめりこみ、今は土日にアルバイトをする生活をしています。
息つく暇もない生活ですが、本人は楽しいらしく、研究熱心に仕事をしているようです。
社会保険のあるサラリーマン生活は家族のためにアルバイトと割り切って、土日を楽しみにしていると言いますが、親としては健康の心配だけがつきません。

何のつても当てもなく、音楽で身を立てると言った18歳の息子に私が言ったきつい一言。
「人の前に割って出ていけないようなあんたみたいな子は、生き馬の毛を抜く業界には向いていない」

それでも年貢を納めるまでの3年間、親の仕送りを受けながら我がまま通せたのだと納得したようです。ギターのテクニックはまあ、認めますけど。

2017/02/02 (Thu) 13:47 | EDIT | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: 親から何を学ぶか

親は子にどんなメッセージを渡し、
子が親のメッセージをどう受け取るか、
これは兄弟姉妹でもそれぞれですよね~。

息子さんはもちろんですが、
息子さんの周囲もよく頑張りましたね。
妻子を抱えて医学部に入り直すというのは、なかなかできないことです。
意志の強さに敬服します。

私のかっての仲間で自由業で食べているのは、
英米のサスペンスを翻訳しているひとりだけです。
あとはみんな教鞭を取っています。

ひとりは詩人です。貫いています。
もちろん、いまの時代、詩ではまったく食べていけませんから、
塾講師を生業にしています。
還暦過ぎても詩を書いているところが尊敬に値します。

その子世代ではバイオリニストがひとり、そして私の息子かな~。
噂に聞くのは。
子世代でネット検索ができるのが、クラシックとJ-ポップの差があっても、
どちらも音楽というところが不思議な気がしたり、いやなるほどと得心したり。

私は、息子に自分が成し遂げられなかった夢のバトンを渡したかもしれないとは考えていて、
それだけに、「酷な人生を歩ませてしまったか?」という反省が常にあり、
それが心配に輪をかけてしまうのですね。

でもおっしゃるように、彼の未来なんですよね。
それがどんな未来でも、背負うのは私でなくて、彼。
もう見守り、支えるしかすべはない。



2017/02/02 (Thu) 22:55 | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: いつまでも、やっぱり心配なものですよね。

わすれ草さん、わすれ草さんの息子さんも18歳のとき、
音楽で身を立てるとおっしゃったのですね。

私は、反対できなかったのですよ。
「苦労するよ」とひと言。
愚息は「わかっている」とひと言。

20代での路線変更はまだしやすいと思いますが、
愚息はもう40代なかば。
ここで挫折したら、その後の道が・・・と愚母は気が気でないのです。
もういい大人ですから、見守るしかないんですけどね。

どういう人生を歩むのがいいのか、いまだに答えがでない私です(^^;)

2017/02/02 (Thu) 23:11 | REPLY |   

Post a comment