2017_01
28
(Sat)23:10

お腹ペコペコの子どもたちの探し方 

昨年の11月から参加し始めた子ども食堂。
市の市民活動支援課からはワードやエクセルでのお手伝いを要請されたが、
代表者さんからは、いまのところ、周知のためのカード作成と対象者に広めることを依頼されている。

まだ子ども食堂開催日3回出席しただけなので不確かだけど、
その3回とも、20代~30代のご夫婦と子どもでの参加組が目立つ。
若いお父さんが率先して、じつに手際よく料理をするのには驚く。

集まっている子どもたちは、ほとんどが保育園生年代の1歳~6歳で保護者同伴。
小学生、中学生は代表者さんのお子さんだけかしら?という感じ。

実際はどうなのかわからないが、私が肌で感じた様子では、
子ども食堂をやりたい!老若男女が集まってワイワイ楽しくやっていて、
子ども食堂を必要としている子どもたちが果たしてどれだけ参加しているのかは?である。

今年の3月に1周年を迎える私たちの子ども食堂の課題は、
きっとターゲットの子どもたちをどれだけ招けるかなのではないかと思う。

しかし、「広げる」「拡める」といってもどうすればいいのだろう?
私の住んでいるハイツの周辺は、私が知る限りでは圧倒的に高齢者世帯。
子どもがいる家庭は数えるほどだ。

しかも子ども食堂は、「子どもの貧困」対策活動の一環だから、
気安く声を掛けるのは失礼になったりするなと思われる。

カードが巡り巡ってターゲット家庭に届くには、どうすればいいだろう?
民生委員にカードを配って、機会があれば渡してもらえないだろうかと考えているがどうだろう?
子ども食堂のボランティアが集まって、そんなこと、あんなことを相談できるといいのだけれど・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

4 Comments

六花  

100円だって持っていない

子供食堂の方たちは其れを知っているだろうか?と疑問に思った。
本当の意味で 成功しいている子ども食堂への参加勉強 子供へのアプローチはどうしているか?教わる。
市はそこの所をよく知っているはず。
もちろん地域ごとの特色が有っていいが 対象が少しずれてはいないか?
勉強をすることはとても大事です。

問いかけは必要と思う。 その土俵は子どもの命がかかっているかもしれない
息を潜めている子はいないか?

一見富裕層で有りながら ネグレクトにあって袋菓子でおなかを満たしていないか?
朝食は食べているか  それが見えてくる子ども食堂でなくては意味が無いと思う。
遠くから意見を言うのは簡単。 よくわかった上でフェリシアさんに期待している。

2017/01/28 (Sat) 23:33 | EDIT | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: 六花さん、おっしゃる通り。

私がこれまでで理解した限りでは、
いま参加している子ども食堂は、対象者がズレている気がします。

>息を潜めている子はいないか?
>一見富裕層で有りながら ネグレクトにあって袋菓子でおなかを満たしていないか?
>朝食は食べているか  
>それが見えてくる子ども食堂でなくては意味が無いと思う。

↑これは六花さんのおっしゃる通りです。
成功している子ども食堂に参加して勉強はいいアイディアですね。
いまは、まだまだ私は新人なので様子見ですが、
少しずつ勉強もし、発言もできるボランティアを目指しますね。

いまのままの子ども食堂では、本当に意味がないです。
ひもじい子、孤食の子たちあっての子ども食堂活動ですよね。

2017/01/28 (Sat) 23:49 | REPLY |   

わすれ草  

行きたい場所

子ども食堂を貧困に結び付けて捉えていた私は、いま一つ存在の意味が分かっていませんでした。
今の自分には直接関わりのないことだしと調べることもなくいましたが、風のフェリシアさんの悩みを読んで、そもそも子ども食堂って、と検索しました。

湯浅誠さんが書いている記事を読んで子ども食堂のあるべき姿が分かり、胸の内に抱えていたモヤモヤが取れました。気まぐれ八百屋「だんだん」の話でした。
「気まぐれ八百屋」「ワンコイン寺子屋」など多様な集まりの中にある「子ども食堂」。

食べにだけ行くんじゃね。行きたい場所、いてもいい場所にしなくてはね。と思いました。


2017/01/29 (Sun) 11:38 | EDIT | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: 目から鱗!

わすれ草さん、こんばんは。
わすれ草さんのこのコメントを読ませていただいて、
私も「そもそも子ども食堂とは?」と検索し、
気まぐれ八百屋「だんだん」や「ワンコイン寺子屋」などのそもそもや
湯浅さんの「「こども食堂」の混乱、誤解、戸惑いを整理し、今後の展望を開く」等を読み、
私の住む県内のほかの子ども食堂活動のHPやFace book、ブログを読み、
お陰さまで、「子ども食堂=子どもの貧困対策」と思い込んでいた私の目から鱗が落ちました。
今夜の記事に書かせていただきます。
わすれ草さんに感謝いたします。

2017/01/29 (Sun) 23:09 | REPLY |   

Leave a comment