flower border

物語を綴る~生きる喜びを拾いながら~

おひとり様シニアのひとり言。

お正月は、TVより映画を楽しむ予定

Category日記
TSUTAYA DISCAS からDVDが50円で借りられるとメールが来たので、
お正月用に3本借りた。

それでも夜は明ける

ウルフ オブ ウォールストリート

誰も知らない

「誰も知らない」は、1988年に東京で実際に起きた「子ども置き去り事件」を題材にした是枝裕和監督作品。
ずっと観たかったけど機会を逸していた。

まだ私が仕事人間だったころ、定年後は映画三昧をしようと思っていた。
花と映画とパソコンの3つで楽しもうと。
で、退職後は速攻「TSUTAYA DISCAS 」の会員登録をし、月約2000円の定額プランを契約したけれど、
映画三昧どころか、3カ月ぐらい月にDVD8枚を借りて終わってしまった。

パソコンで観るDVDが思ったより目が疲れること、
観たい映画を月8枚見つけられず、適当に選んだら面白くないということが原因だ。
以降、心惹かれる映画があるときだけ単品で借りている。

退職後の4年間で印象に残った映画は、
「最高の人生の見つけ方」、「ハンナ・アーレント」、
「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」「ビューティフル・マインド」あたりかな。

「最高の人生の見つけ方」は、いかにもなハリウッド映画なのだけど、
モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソンの2人がじつにいい味を出していた。

最高の人生の見つけ方

「ビューティフル・マインド」のラッセル・クロウも良かったなぁ。
当時は寛解が難しかった統合失調症という心の病への理解も、この映画で深まった。

ビューてフル・マインド

今回借りた3本のなかで、一番期待しているのは「それでも夜は明ける」だ。
南北戦争前のアメリカにおける人種差別を扱った映画。
また、観たら感想を書きますね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2 Comments

花ちゃん  

こんにちは 

お元気で良かったです(^^♪
ブログが無くなってたのでどうしたのかな?と思っていました。
ネットからはしばらく遠ざかってました。

それでも夜はあけるの感想をお待ちしてますね。
これからもよろしくお願いします。

2016/12/28 (Wed) 14:32 | EDIT | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: 花ちゃんこそ!

花ちゃん、こんばんは。
花ちゃんこそ、お元気で(検査は控えているけど)良かったです(^^♪
どうしたのかしらと心配していましたよ~。

こちらこそどうぞよろしくお願いします。
どうぞ良いお年をお迎えくださいね☆

2016/12/28 (Wed) 22:06 | REPLY |   

Post a comment