私たちは幸せになるために生まれてきた

4 -
以前のブログに書いた記憶があるが、
私は人生は幸せな瞬間、喜びの瞬間、悲しい瞬間、怒りの瞬間等々、
様々な感情の色で描かれた点描画のようなものだと考えている。

だから、哀しみ色、苦しみ色の多いときは、幸せな瞬間を自ら作って入れていこうと思っているし、
そう心掛けてきたつもりだ。
暗色が多いなかにパッと入る暖色は、ひと際胸に沁みる。

いま、私はがん患者だけれど、病気一色にはしたくない。
ブログのタイトルにある通り、それでも、いやそれだからこそ、「~生きる喜びを拾いながら~」生きていきたい。

今日は午後から身体がだるく、眠ってしまった。
目覚めたのは夜の7時。
慌てて、重い身体を起こし、花の水遣り、ワンコの散歩。
食欲はないが、時間なので梅干しご飯を食す。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村


ページトップ