2回目の抗がん剤点滴中

2 -
今朝は7時30分に家を出て病院へ。
帰宅したのは午後5時15分。
ワンコが長時間お留守番で、可哀想だった。

抗がん剤は、前回と同じmFOLFOX6に「パニツブマブ」という薬が追加された。
肝臓の癌に良く効く薬だそうだが、遺伝子に変異がある人には効果がない。
私は遺伝子の変異がない約50%に入っているので追加された。

副作用のメインは皮膚障害。
ニキビのような発疹、かゆみ、皮膚の乾燥やひび割れ、詰めの周りの炎症などだ。
予防の薬が増えた。塗り薬も頭用、顔用、身体用と別れていて面倒そう・・・。
だけど、皮膚障害は酷くなるとあかぎれみたいになったりと痛そうなので、
予防に励まなくちゃ。頑張るぞ!

なお、「大腸がん」へのカテゴリー変更は、とりあえず止めました。
小林麻央さんではないけれど、
病気一色になるのもちょっと違うかなと。

抗がん剤点滴直後から現われやすい吐き気。
強力吐き気止め「イメンド」で完全制圧されている。

指先や喉は冷たいものに触れるとちょっとピリピリするが、
前回は2~3日で収まったので、たぶん今回もそんなじゃないかな?
それも吐き気のように我慢できないものではないし、大丈夫。

「イメンド」の後に飲む吐き気止めの薬も出してもらったし、
無事つつがなく今週を乗り切れますように☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村


ページトップ