flower border

物語を綴る~生きる喜びを拾いながら~

おひとり様シニアのひとり言。

何歳までバラが育てられるだろか?

Category日記
今日はお約束の19日。
午前10時少し前に、シルバー人材センターから派遣された男性が来てくれた。
早速バラの鉢替えの作業に取り掛かってくれた。

父母のバラ
父と母のバラ。ひと回り大きな鉢に鉢増し。

私は鉢が外れたら、根鉢を崩し、新しい鉢に土を入れるなどをチョコチョコと手伝う。
植え替え予定の5鉢のうち、3鉢はつるバラ。

シルバー人材センターからの男性はこのつるバラを鉢から抜くのにかなり苦戦していらした。
マダムピエールオジェ
二階のベランダに届くほど伸びていたつるバラ。
鉢を置いてある場所も狭く、苦労されていたので、
泣く泣く枝をバッサリ切ってもらった。

バラに棘がなかったら作業はずっと楽でしょうに、結局2時間20分掛かってしまった。
シルバー人材センターのこのお仕事、1時間1000円だ。
そのうち幾らかはセンターの手数料だから、本人の手に渡る賃金はごくわずかと思う。

アーチ
鉢を抜くのに場所が狭く、
アーチのバラにも一苦労されていた。

何でも屋さんなら1時間3500円と言われた。
それを思うと、シルバー人材センターの方の苦労が申し訳なくて、気疲れしてしまった。

こんなときは、連れ合いがいればなぁとしみじみ思う。
いや、連れ合いに頼むのはもっと気を遣うかもしれないぞ。
ビジネスの方が、まだ割り切れるはず。

バラがスクスク育つのは喜ばしいことだけど、
あまりに大きな株は、鉢増しや鉢替え作業が大変。
お手伝いを頼めばいいと、去年までは軽く考えていたけれど、
今日の大変さを見ていたらちょっと自分は甘かったなと思う。

シルバー人材センターの方が帰ってからも、私は水やりをしたり、切った枝を片付けたりで、
3時間半たっぷり働いた。
さすがに、今日は疲れた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2 Comments

六花  

おつかれさま こんなご苦労があの美しいバラへ続く道。
シルバーの方も お仕事が有る方が嬉しいと思いますから
そんなに気にしなくて良いと思いますよ。

ツルバラも剪定してしまうのですか?
ワンちゃんに噛まれた所は直りましたか?

明日はゆっくりして下さいネ

2016/12/19 (Mon) 23:37 | EDIT | REPLY |   

風のフェリシア  

1時間で終わると思っていました。

六花さん、私ね、
ニックネームを「風のフェリシア」にしました。
旧名を少し取り入れて。

シルバー人材センターの方には、1時間くらいで終わると思うと言っていたのです。
それが2時間30分も掛かってしまって、申し訳なくて。
もちろんセンターの方には「2時間半作業していただきました」と伝えましたが。
5月にはため息の出るほど美しい花を咲かせてくれるバラ。
冬の凩に吹かれながらの地味な作業があってこそなのですよね。

ワンコに噛まれた傷は、治りかけでしたが、
この作業でまたパックリ口が開きました。
歳で傷の治りも遅くなりましたよ~。

2016/12/20 (Tue) 20:51 | EDIT | REPLY |   

Post a comment