2017_06
24
(Sat)21:37

2年8カ月の闘病の末 

2年8カ月・・・小林麻央さんの闘病期間。
どんなにか苦しい時間だったことでしょう。

訃報のニュースで、まず思ったのは、「私には、彼女のような『きれい』な闘病はできないな。」
私はもっと痛い痛いと喚き、辛い辛いとこぼし、ときには周囲に当たり、恨みつらみ、後悔苦海・・・。

2年8カ月・・・私もそのくらいかしら?
ついつい、自分と重ね合わせてしまいます。

入院中にお隣にいた女性はすい臓がんから肝臓?に転移し、いまは肺に転移していると言っていました。
抗がん剤治療は「私はさほど(辛くは)感じなかった」とも。

でも、しんどいので入院しての抗がん剤治療をしていらして、悪寒に続いて38度以上の発熱が続いたり、
ふらつくためにポータブル・トイレを利用するなど、傍から見ているとやはり辛そうでした。

私は思う存分に生きたので、人生に幕を下ろすことに不満はありません。
ただ、幕が下りきるまでの過程の痛さや苦しさが堪らない。

わすれ草さんのご主人じゃないですが、
私も紙おむつはごめんだし、誰かに下のお世話をされるのも嫌です。

でも、そういう状況になったなら、受け入れていくしかないのですよね。
人間って、なんて無力で哀しい存在なのでしょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

8 Comments

遠音  

またマイナーな気持ちね!

彼女のまわりには スタッフがついていたはず。 まずプロの看護師さんがね。
姉も母親もついていた。 子供たちも夫も きれいなブログの陰には
其れを書けるだけの環境が整っていた。 勿論いま病む人へのメッセージを
との使命感は最後まであったと思う。痛みのコントロールもいまは受けられるから 痛みはコントロールされていたと思う。
彼女の尊厳は最後まで守られていたはず。

その人の環境により均一では無い。其れは言えると思う。

夫の場合も私は出来るだけ彼の尊厳を守るべく努力をしたの
おしめはね 死の前日起き出してけいれんを起こしたのね
それでおしめの選択しました。一日だけでした。

人は病により色々です。 其れはフェリシアさんも
色々な方の死に直面して知っているはず。

そんなことより 質の良いタンパク質を取り
糖分はひかえ ビタミン類を摂って下さい。
おかゆさんを炊けない状態を推定して パックのおかゆ(優れものです)
梅干しなど用意して下さい。使わなければ笑い話でいいんです。

悪い予想は 無意味です。 闘うんじゃなかった?
応援しています。 私は今後も此処ではきれいなことは書きません。

フェリシアさんが気にくわなければ 許可のクリックをなさると良いです。
全く気にしません。 明日ですね。一日は入院になるのでしょうか
帰ってこなければならないなら 道中の悪寒や吐き気に対処する
最低の物を用意して持参下さいね。

わんちゃんは預けましたか?わんちゃんも命です。
ベストの状態で過ごさせてあげて下さい。
何でも無ければ笑顔で迎えに行けるもの!

遠音はうるさいでしょうかねぇ~
辛い目に一人で耐えなければならなかったこと一杯あった人生でした。

さて 息子は雨の中サロマ湖100キロウルトラマラソンを5時にすたーと。
現在息子は299位だそうです。 コースを走っている状況が刻々とわかる
応援ナビを開いて楽しむんですよ!
 

2017/06/25 (Sun) 05:38 | EDIT | REPLY |   

光子  

思いわづらうことなかれ!

こんな言葉がありましたよね

なかなか 思いは消せないけど・・・


今日1日 今日1日を大切に生きて行く


私もそうやって生きて行きます


2017/06/25 (Sun) 08:28 | EDIT | REPLY |   

雲  

「雲」フェリシアさんにヒントをもらいつけたこの名前。
つたないコメントにいつも素敵な返事をくださって元気をもらった私です。
どうぞ頑張って!不安だらけと思いますけど1つづつ
超えていかれますように。
ワンコちゃんと一緒にいつもフェリシアさんのことを
見つめています。

2017/06/25 (Sun) 12:19 | REPLY |   

わすれ草  

夫の抗がん剤も吐き気と腎障害では最強と言われていましたが、吐き気止めが体に合ったのか、ほとんど苦しむことなく過ごせました。

体が受け入れてくれることを、ただ、ただ祈ります。

紙おむつの話は、まだまだ早い!
その時になったら考えましょ。

フェリシアさんの気持ちを十分知ったうえで、そうお伝えしたいです。

2017/06/25 (Sun) 12:37 | EDIT | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: 遠音さん、用意しましたよ。

抗がん剤の点滴は通院で受けます。
帰り道々、吐きそうになったらの想像はつかなかったので、
アドヴァイス有難いです。
ビニール袋と、食欲がなかった時のためのお粥さん、さっそく用意しました。

遠音さんのコメントを許可しないなんてことを、私がするわけがないではないですか!
でも、意見の衝突はありそうです。

「辛い目に一人で耐えなければならなかったこと一杯あった人生」を生き抜いてきた遠音さんには、
私は大変な甘ちゃんでしょうが、あまり「闘おう!」という気にはなれないでいるんですよ。
あえて言えば、「癌と共に生きる」「癌と共生する」という感じかな~。

リアルタイムで息子さんのマラソンの順位などがわかるんですね!
本当にいまのIT技術は素晴らしい☆

2017/06/25 (Sun) 17:16 | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: ありましたね~(^^;)

「野の花を見よ」ってね。
そんでも、ついつい思い煩ってしまいます。
トホホ。
じつは、今回の入院中に「人間の尊厳」が傷つく出来事がありました。
で、余計に下のお世話になりたくない!などと先回りしてしまうのですね~。
確かに、思い煩ってもいいことはないのですけど・・・。

2017/06/25 (Sun) 17:23 | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: 雲さん、ありがとうね。

全身麻酔の手術は2度経験があり、
3度目の今回はそう緊張感や不安がなかったのですが、
抗がん剤は初めての経験で、正直不安です。

家で翌日も点滴なので、針や管がワンコの飛び乗りでも大丈夫なのかしらとかね。
私が寝ているとポンポン飛び乗ってくるワンコなので(^^;)
明日帰宅してみて、ダメのようであればホテルにまた預けますけど。

お互い、ワンコには辛抱をさせていますね!

2017/06/25 (Sun) 17:28 | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: そうですね、先回りしすぎですね!

抗がん剤の副作用、ご主人にはあまりでなくて良かったですね!
個人差があるということなので、ホント、
あまり強い副作用が出ないことを祈るばかりです。

初めての経験で、不安が結構あります。

紙おむつの心配は先回りし過ぎですね(^^)

じつは入院中の学生さんの清拭で、とても屈辱的な思いをしました。
おいおいブログにも書く予定ですけど。
紙おむつをべりべり剥がしたわすれ草さんのご主人のお気持ち、すごいわかります。

2017/06/25 (Sun) 17:36 | REPLY |   

Leave a comment