flower border

物語を綴る~生きる喜びを拾いながら~

おひとり様シニアのひとり言。

「なんも心配いらん、な~んも心配いらんですよ。」

CategoryS字結腸癌
タイトルは愛しのラヴィ(私のワンコの名)を15日間預かってくださった
ペットショップの店長さんの言葉です。

昨日、ラヴィを送り届けてくれたスタッフさんから、
最初大部屋で緊張して震えていたので、
店長さんの判断で個室のデラックスルームに入れたこと。
そこでスタッフさんたちにラヴィは甘え放題甘えて、
15日間のびのび元気に過ごせたことを聞きました。

もちろん、私は大部屋でお願いしていたので、料金は大部屋料金での請求。
大大大特別扱いです。

ですので、今日はちょっとおしゃれなパイとクッキーの詰め合わせを持って、
お店にお礼に伺いました。

店長さんとラヴィが子犬の頃から、
シャンプーや爪などのお手入れをしてくれているトリマーさんが出て来てくださいました。

「これから抗がん剤が始まりますが、副作用でどうしても身体が動かないようなときは、
またお願いすることがあると思います。それと・・・」

私はワンコの送迎スタッフさんには、自分が大腸がんのステージ4であること、
そして5年生存率は18,8%だか18,6%だかなことを伝え、
万一の時にラヴィを引き取ってくれる先を探す窓口を紹介してもらえないかと頼んでいました。

で、昨日送ってくれたときには里親探しをしてくれる愛護団体を紹介できること、
お店でもチラシを出してくれることを聞いていたのですが、
店長さんにも直接と思い、勇気を出してお願いをしてみました。

「私は抗がん剤をしなければ余命半年と医師に言われています。
抗がん剤治療を受けて、果たしてどれだけ延命できるか」
と言いかけたところで、店長さんがしっかりした口調で遮りました。

「「なんも心配いらん、な~んも心配いらんですよ。ラヴィちゃんは可愛いし、そのときは任せてください。
いまは心配せずに、ラヴィちゃんから元気をもらって、ね!」

ポロポロ涙が思わず零れ。
人生の後半になって、私はすごく人に恵まれるようになったと思いました。
ありがとう。本当にありがとう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

10 Comments

遠音  

文字にしてしまうとこう表現されてしまうんですね。
色々調べて分かっているつもりでした。
とても厳しいですねー

ワンちゃんのこと 安心できましたね。
水やりも ホースで可なら 大丈夫ですか?
鉢植えはいつでも育てたい方いらっしゃるでしょうから
心配いりませんね。

おし花は 大丈夫です。 レースペパーは少し大きくして
作るとお子さんでも大丈夫です。
いまお花押していますから・・まずは抗がん剤で
闘って下さいネ。 
ではおやすみなさい。

2017/06/19 (Mon) 00:42 | EDIT | REPLY |   

桃  

店長さんの温かさに胸が熱くなりました。
フェリシアさんの涙に... ...私も...

人生で良いご縁に恵まれるのは
運や偶然だけではなく、そこにその人の努力があるからだと思います。

フェリシアさんの心が伝わるからこそ
優しさも返ってくるのだと思います。

ラビィちゃんに元気もらって
たくさんの方たちの優しさや祈りを力にして
18パーセント強!
その中に入りましょう!
絶対に!!


2017/06/19 (Mon) 09:44 | EDIT | REPLY |   

デ某  

書かずには···

お早うございます。

コメント控えようかな、と思いつつ
書かずにおれなくて···申し訳ありません。

読ませていただき 私も涙がポロリ···。
なんとまあ こころ優しい店長さんでしょう。
ラヴィちゃんにも 寂しいながら 
恵まれた15日であったことと思います。

それにしても···ステージ4でいらしたんですね。
私は 6年前 初期ながら 悪性度「G3」を告げられました。
悪性度だとか G3だとか そんな言葉さえ初耳で
ネット検索すると ドイツの10年ほど前の報告でしたが、
「5年生存率数パーセント、10年生存率ゼロパーセント」。
ところが今は そんな数字はもはや過去の話に···。
分子標的薬はじめ医療の進歩は目覚ましく!頼もしい!です。

フェリシアさん 応援していますからね。
もう既に十分がんばっていらっしゃいますけど、
それでも やっぱり がんばりましょうね! 

2017/06/19 (Mon) 10:11 | EDIT | REPLY |   

わすれ草  

なんと素晴らしい店長さんでしょう。
いっしょに涙があふれ出ました。

フェリシアさんが人にしてらっしゃたように、人からも還ってくるのだと思います。
人に恵まれるって生きていくのにとっても大事なことだと再認識しました。

独り言ですから、お返事は無用です。

2017/06/19 (Mon) 11:24 | EDIT | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: なんの自覚症状もないけれど、

結構厳しい状況にあるようです。
なんかね、いまでも青天の霹靂なんですけどね。

万一のときのワンコの対処を店長さんが引き受けてくれたので、
精神的にとても楽になりました。
安心して治療に励めます♪

バラはまずはご近所さんに声をお掛けし、
それでも残ったら、いまCMをよくやっている地元の掲示板
「ジモティ」に出そうと考えています。

私は元気なので、遠音さん、心配しすぎて落ち込まないでくださいね☆

2017/06/19 (Mon) 19:58 | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: 私の努力というよりラヴィの努力のような(^^)

入院中、病院から電話をしてラヴィの様子を聞いていましたが、
どうやらラヴィは甘え上手なようです。
スタッフさんたちはメロメロみたい。

私の良かったところは、毎月シャンプーと爪などのお手入れに
同じお店を子犬のときから通わせていたことかな。

スタッフさんとラヴィの間に強い絆が出来ていたので、
2週間という長期のホテル暮らしでも体調を崩すことなしで、
本当に有難かったです。

今回の入院で「人のやさしさの貯金」はいっぱいできました(^^)/

2017/06/19 (Mon) 20:14 | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: デ某さんも厳しかったのですね。

「悪性度G3」先程検索して理解しました。

そうですね、医療の進歩はめざましい。
抗がん剤の副作用も今はずっと軽減されているようですし、
ラヴィがいるから頑張るしかないですね。トホホ。

ペットショップの店長さん、本当に温かな対応をしてくださって、
私は精神的にぐっと楽になりました。

万一の場合ラヴィだけは助けてもらえるとわかったら、
あ~ら不思議、逆に戦う意欲が沸々と湧いてきたのです。

ラヴィの寝顔とみなさんの祈りと応援を糧に、
来週から抗がん剤、がんばりますね!

2017/06/19 (Mon) 20:28 | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: 観音様のような店長さんです。

店長さんは30代初めくらいの若い男性ですが、
後光が差しているように思えました。

ラヴィがね、とても人懐っこくて甘え上手なんですよ。
得な性格だなぁと、我が犬ながら改めて見直しました。

一番気がかりだったことが解決できて、
とても精神的に楽になりましたよ。
安心して抗がん剤治療に臨めます。

2017/06/19 (Mon) 20:36 | REPLY |   

にゃんころりん  

胸がつまりました

こんばんは。

優しい店長の言葉と風のフェリシアさんの涙に胸がつまりました。
ラヴィちゃんの本領発揮?で救われますね。飼い主の窮状を察したのかな。
しかし、なかなか厳しい状況なんですね。とは言え、最近は分子標的薬という
ものも登場していますし、ラヴィちゃんの応援ももらって、前向きに抗がん剤
治療に専念してくださいね。応援しています。

2017/06/19 (Mon) 21:52 | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: にゃんころりんさん、ありがとう。

この店長さん、本当に温かくて優しい。
出会えたことに感謝、感謝です。

ラヴィは私の窮状を察したというより、自分の窮状を察して、
彼女なりに生き抜くのに必死だったのでは?と思います(笑)

受ける抗がん剤はFOLFOXとかいう、
大腸がんに世界中で使われているメジャーな薬らしいです。
頑張ります。

2017/06/19 (Mon) 22:43 | REPLY |   

Post a comment