噂の女になってしまうと思う

12 -
今日は造影剤を使ったCTと胃カメラだった。
担当医は声の素敵なあの先生。

胃カメラが終わるとすぐに、ティッシュで口を拭う私に
「胃には何にもないです。何にもないですよ。次は大腸の検査だね」

それから事務の女性に大腸内視鏡のスケジュールを確認。
「一番早くても12日」と言いかけて、なんとかもっと早く入れられないかと女性に交渉。
その間に「説明をしますね。」と椅子を勧められる。

パソコンに造影剤を使ったCTの肝臓の画像を出し、
「この大きいのや小さいのがみんな腫瘍。リンパにはないな。膵臓にもない。」
「悪性ですか?」
「限りなく悪性の可能性が高いです。
腫瘍マーカーも消化器系のマーカーが基準値の10倍ですからね。」

そこで、医師はまた事務の女性と話し合い、
「明日、明日の夕方だけど、明日大腸内視鏡をします!ムリクリ入れたので、4時台の最後。
待つことになるかもしれないけど了承してください。」
「わかりました。すごく急ぐということは深刻だからですか?」
「深刻、深刻。」

というわけで、帰宅してからは2日の診断結果と治療法を聞いてからでは遅いかもと、
ワンコのホテルに電話。持病があっても大丈夫か、宿泊期間に制限はないかなどを確認。
お花の水遣りを、以前なにかでお世話になることがあるかもと控えていた家事等のボランティア団体に電話。
即入院になってから慌てなくても良いように準備した。

ペットホテルは以前にも利用して慣れているということでOK。
花の水遣りボランティアさんも見つかったが、朝と夕と2回になるし、
あまりに鉢が多いので、バラだけ残して後は嫁入り先を見つけることに。

そのために、ご近所のお花好きさんたちに声を掛けたので、
私はおそらく、明日には町の噂の女になってしまうだろう。

だけど、もうお気に入りのお花たちはお嫁に行ったり、婚約したりできたので、
噂の女になってもいいや、と思うことにする。
可愛い私のお花たちが生き延びられるなら、それに越したことはない。

命を出来る限り守ること、それが一番大事。
お花は、元気になったらまた増やせば良い。

明日は16時から大腸内視鏡。
明後日も16時から検査結果と診断を詳しく聞く。
ぎゅうぎゅう詰めのところにムリクリ(←担当医の言葉)入れているので、
夕方ばかり。

押し花にするために初めて育てたラディッシュは、葉が徒長してしまって可愛くなかったので、
10日ほど前にサラダにして食べてしまった(^0^)
9月まで種まきができるので、また落ち着いたら挑戦。

ラディッシュ収穫

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村
ページトップ