三つ葉のお浸しは母の味でした。

4 -
新風を入れることにしました。
とくに、食事のマンネリ化に風穴を開けます(^^)/

バラも11鉢になり、もう置き場がないし、
そちらにまわしていたお小遣いを、食費にプラスしてみます。

つまり、ここに引っ越してから「団子より花」だったのを「団子も花も」にシフトさせます。
園芸店も徒歩圏になくなってしまいましたしね。

今日は、直販所でこちら地方には珍しい根三つ葉が100円(税込み)で売っていたので、
お浸しにして、夕食の1品にしました。

4月18日
シーチキン丼(シーチキン、白ごま、ノリ、カイワレダイコン、ポン酢)
買ってきたひじきの煮物、三つ葉のお浸し、キュウリの漬物。なんか黒っぽいものばかり(><)

実家地方では普通にスーパーで手に入るので、母がよく作ってくれました。
茹で上がった三つ葉を切って、絞るときに立ち昇る香りに涙が出そうになりました。
実家の香り、母の味です(;;)

夕食後は、押し花の音符づくり。
乾燥したら、苔のオタマジャクシは小さく萎んでしまい、とても繊細な作業です。

音符
私の不器用なのが良く分かる。

ガタが来ている目を凝らすので、1回に3~4個作るのが精いっぱい。
それ以上やると、眼精疲労と肩こりで苦しむことになります。

イヌナズナの実で作ると、もっとしっかりした音符になるのでしょうけど、
どうしてもイヌナズナを見つけられません。

ワンコの散歩道も、買い物や図書館への道も、歩くときはとにかくみちくさに視線をやっているので、
これまで、まったく気づかなかった可愛い野の花を2つ見つけました。

ひとつは、ヒメウズという、オダマキ科の小さい小さい可憐な花↓。
私もカメラに収めたのですが、地味だし、小さいしで、わかるでしょうか?
買い物に行く途中で見つけました。

ヒメウズ
私の撮影。
ヒメウズ
お借りした画像。可憐でしょ?

もうひとつは、ワンコの散歩道にある駐車場に群生しているマツバウンラン↓。
リナリアに似た(そういえば、最近リナリアを園芸店で見なくなりました)可愛い花で、
風に揺れる姿は楚々として美しく、雑草とは思えません。

マツバウンラン1
私の撮影。

マツバウンラン2
お借りした画像。ほわっと霞んで綺麗でしょ!

どちらも私の腕前と安ものデジカメとではきちんと撮れないので、
どんな花か良くわかるよう、お借りした画像も添えておきました。

もちろん、どちらも押し花にしましたよ♪
みちくさ押し花は、お金がまったく掛からなくて最高\(^o^)/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村
ページトップ