あなたにとって、スイセンは何色?

所用があって急行で2駅先まで出かけました。
帰りの電車に、たぶんハイキング帰りの初老の男性集団が乗っていました。
車窓から、白い花がところどころに咲いているのが見えたとき、
その集団のうちの2人の会話が聞こえてきました。

男性A「スイセンだ!たくさん咲いているなぁ~」
男性B「スイセンか?スイセンは黄色だろう」
男性A「いや、白だろう。純真な白。白の中に黄色の花だよ」
男性B[僕はスイセンと言ったら黄色を思い浮かべるなぁ」

白に黄色のスイセン
黄色いスイセン
白いスイセン
画像はお借りしました。真っ白のスイセンもあるのですね!

白に黄色のスイセンも、黄色だけのスイセンも両方あるよね、と話を聞いていた私。
でも、「スイセン」とひと言聞いて思い浮かべるのは黄色のスイセンです。
それも、現実に観た黄色のスイセンではなくて、映画「ドクトルジバゴ」で観たロシアのスイセン。
ロシアの長く暗い冬が終わり、雪が解け、一斉に群生する黄色のスイセンが一面に咲くシーンです。
夢のように美しかった。

ドクトル・ジバゴ
画像はアマゾンからお借りしました。

ちなみに、映画「ドクトル・ジバゴ」はアカデミー賞を5部門受賞しており、そのうちのひとつは色彩撮影賞です。
ストーリーはあまり覚えていません(^^;)
が、その美しい映像とテーマ曲は脳裏にくっきりと刻まれています。

↓ララのテーマの動画に一瞬ですが、一面のスイセンが映ります。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
おひとり様シニアのひとり言。
About me
団塊世代のおひとり様です。
ガーデニング、手作り石けん、押し花などが趣味。
2017年5月31日、肝臓に無数の腫瘍発覚。
1日、大腸がんからの肝転移と判明。
6月7日大腸がん手術。
6月17日より抗がん剤治療始まる。
10月24日肝臓の転移がん切除手術。