flower border

物語を綴る~生きる喜びを拾いながら~

おひとり様シニアのひとり言。

キウイ石けんの作り方

Category手づくり石けん
ブロ友さんからリクエストがありましたので、
キウイ石けんの材料と作り方を記事にします。

キウイ石けん3こ

材料はご近所のスーパーでは手に入らないものもありますが、ネット通販で簡単に求められます。

[材料]
①グリセリンソープ(MPソープともいう) 適量
キウイ石けんはキウイを薄くスライスした形なので、1個につきそんなに量はいりません。
②粉の青汁       少々 飲むわけではないので、安価なものを使っています。
③ブルーポピーシード  少々
④香りをつけたければ、好みのエッセンシャルオイル  適量
⑤石けん粘土  少々 
私は手作りの石けん粘土を使いますが、ネット通販で売っています。使うのはごく少量です。
⑥シリコンのお弁当のおかず入れ。 アルミホイルのおかず入れでもOK
⑦丸い抜き型  なければ、キウイの太さの薬の瓶などの蓋でも代用可
⑧太めのストロー  
⑨楊枝 1本
⑩綿棒 1本

グリセリンソープ
青汁 (2)
ブルーポピーシード
石けん粘土
画像はオレンジフラワーさんからお借りしました(手づくり石けんのお店 オレンジフラワー)

型

[作り方]
①青汁の粉を少々、その約倍の水で溶いておく。
青汁

②クリセリンソープをみじん切りの手前ぐらいに刻み、湯せんにかけて溶かす。
レンジで溶かす方法もありますが時間の調整が難しいので、無難に湯せんで。
刻んで湯せんに

③溶けたグリセリンソープに青汁の溶いたものを色を見ながら手早く混ぜる。
グリセリンソープはすぐに固まってくるので、手早くすることがポイント。
香りを付ける場合はこの時にエッセンシャルオイルを適量入れる。

④型の底に薄く流し込む。厚さは2mm~3mmぐらいかな。
泡が入ってしまったら、手早く(固まるので)、楊枝の先でそっと端に寄せます。
型に流す

⑤固まるのを待つ。 厚さにもよるが、約10分ほど。様子を見て、固まっていたら、型から出す。

⑥丸い抜き型で抜く。
型で抜く

⑦丸の中央をストローで丸く抜く。
ストローで抜く

⑧楊枝でなかの丸の周囲に筋を付ける。筋は少し深めにする。
楊枝で

⑨中央の丸の中に、小さく丸めた石けん粘土を詰める。
粘土を詰める

⑩人差し指の腹に石けん粘土を少量つけて、楊枝で入れた筋に埋めるようにしてキウイを撫でる。

⑪水で濡らした綿棒の先にブルーポピーシードをつけ、キウイの中央の白い丸の周りを縁取る。
シードを付ける

⑫ブルーポピーシードをキウイ石けんに埋め込むように指で押さえて、出来上がり。
グリセリンソープは空気中の水分を吸着して汗をかくので、ラップなどしっかり包んで保存する。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

4 Comments

花ちゃん  

ありがとう(^^♪

このまま印刷して見ながら作ってみますね。
友達にあげても喜ばれそうです。
仕上げはブルーポピーシードと爪楊枝なのですね。
まず材料からそろえなくては!!

2017/03/31 (Fri) 18:20 | EDIT | REPLY |   

にゃんころりん  

お、お、おいしそー

こんばんは。

見た目キウイの石鹸ということなんですね。
キウイをまんま石鹸にしたのかと思いました。
それにしても美味しそう(^-^) キウイ好きにはたまりませんね。

2017/03/31 (Fri) 21:25 | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: 「ホント、キウイだ~♪」と喜んでくれます。

珍しいので、コメントタイトルの様に喜んでもらえますよ♪
材料を揃えるのがちょっと面倒ですが、
1度揃えてしまえば、たくさん作れます。
絵画のセンスがある花ちゃんにはピッタリかも(*^^*)

2017/03/31 (Fri) 22:44 | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: キウイを石けんにする!

おゝ、キウイ石けんと聞いて、そう考えましたか!

あの緑の果肉から色素を取り出せれば、
それで石けんを緑に色付けして、かなりにゃんころりんさんの想像に近い石けんが作れますが。

色を取り出すって、どうするのかしらね???
花の香りを抽出する器具は売っているんですけど。
もちろん、お高くて私には手が出ませんが。

2017/03/31 (Fri) 22:50 | REPLY |   

Post a comment