flower border

物語を綴る~生きる喜びを拾いながら~

おひとり様シニアのひとり言。

私は優しくないのかも?

Categoryボランティア
昨日は朝の9時から、市の市民活動支援課に代表さんと一緒に行き、
(1度一緒に来てくださいと前から要請されていた)
代表さんは仕事で11時には帰り、私はお昼に一度帰宅するも、
再度支援課に出向き、午後も事務仕事をした。

そのとき初めて、次年度の展望を語る代表さんの口から、
支援課からの要請で、違う地域で高齢者の居場所食堂を月1回開くことを聞いた。

代表さんは家事と育児と仕事と子ども食堂とで超多忙と聞いていたし、
だからこそ、なかなか連絡が返って来なくても、
なかなか決算のための資料や原稿が出て来なくても辛抱が肝心と考えていたのだけど、
もうひとつ新しい食堂をやる余裕はあるというわけで???

働くお母さんのボランティア活動、「応援するからね!」と言ったけど、気持ちが変わった。

で、私はその新しい地域での食堂の分まで事務処理が増えるということ。
私にはひと言もなしに、である。
仕事が増えること自体より、これ以上待たされる機会が増えるのは超ストレス。

今日は、市からの支援をより多く受けられるよう工夫するとのことで、
またすべての書類の数字を変えたり、やっと昨日代表から渡された原稿を元に業務報告書を入力したが、
まったく、やる気が出ない。どうせいい加減なのだから、適当ででいいやモードで、自分で情けない。

友だちに「愚痴でごめんだけど」と電話して、心が決まった。
子ども食堂のボランティアは4月いっぱいで止める。

本当はきりのいい今年度末で止めたいが、4月1日~15日までに新年度の申請業務が控えているのだ。
それに、4月30日の子ども食堂開催日には「あそびコーナー」でキウイの石けんを作ることになっている。

この石けん作りのことは、中高生のための放課後デイ・サービスにポスターを持っていったとき、
中・高の女子には興味があるかもと試作品を持って行ってアピールしているので、やらないと嘘つきになってしまう(^^;)

高校生以来のボランティア活動の経験で、私は自分がボランティアには向いていないとわかった。
私は優しい心根の人間ではないのかもね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

6 Comments

光子  

いやはや・・・

やりたいことが多いい代表さんですこと

いいんじゃないの 優しくなくても
ズルズル引っ張り込まれるより

我が道を行くが一番
心も身体もるんるんがいい

やりたがり~のさんは
がんばり~のさんなのですね
それが自分の居場所
ボヘ~っとシテルト自分じゃないそんな人かもね

昔 手帳のスケジュールがぜ~んぶ埋まってるのに
喜びを感じる…そんな時期もあったから

若いのかもね

なんでも ほどほどが一番ですよね

2017/03/24 (Fri) 01:11 | EDIT | REPLY |   

わすれ草  

フェリシアさん、優しくない、ボランティアに向いていない、なんてことは絶対にないです。

ここまで人間関係に左右されるボランティアは、優しさ云々以前の話だと思います。
ストレスを溜めるボランティアならキッパリと止めるのが正解ですよ。

私は人間関係のストレスに弱いです。なるべく群れていたくないです。
以前、姉がお世話になっていた関係で、知的障害者施設で、クッキー工房のボランティアをしていたことがあります。
通所者とたわいない話をしながら、時には指導の真似事もしながら、黙々とクッキーを焼いていました。楽しかったですよ。
クリーニング済のタオルを畳む仕事も手伝いました。
これも楽しかったのですが、ボランティアというよりは、給料の出ない仕事人の一人に組み入れられている感が拭えなくなり、止めました。


ところで、先日の新聞、化粧はマナーか? が特集となっていましたね。
私には消化不良のまま終わったように感じられました。
化粧を楽しんでしてみてはとか、違う自分を発見するとか、そういうのじゃなくて。
化粧が「マナー」と言われるそのこと、素顔はマナー違反と言われることが女だけだということに焦点をあてて欲しかった。この女学生もこのことを言いたかったのではないかしら? 違うのかなぁ?

2017/03/24 (Fri) 10:33 | EDIT | REPLY |   

べに丸  

参加する楽しさは捨てがたいけれど、運営の一翼を担うとなると
いろいろ難しいことが出てくるものですね。

フェリシアさんが、もう活動を続けられないと思われたのは、
「優しい心根の人間ではない」からなどではなく、グループとしての
動き方に疑問を感じてしまったからではないですか。

ボランティア活動って、自由な意思で参加するものだから、ちょっと
違うとか自分には合わないと感じた時点で引くのも自由だと思うのです。
敢えて言うなら、ボランティアはやりたいからやる、やりたくなくなったら
もはやボランティアではないわけで。

だから、優しさの問題ではないと私は思うのです…。
フェリシアさんが楽しめるボランティア活動に、また別の場面で出会えたら
いいなあと願っています。

2017/03/24 (Fri) 10:38 | EDIT | REPLY |   

風のフェリシア  

Re:若いのは確かね!

これ以上代表さんが忙しくなって、
いま以上に待たされるようになったらストレスフルだもんね。
やめるのは正解と思うことにします!

代表さんが夢を追うのは勝手だけど、
私がそれに振り回されるのはごめんだもの。

> 心も身体もるんるんがいい
うん、うん。
また何かやりがいのあることを探すわ☆

2017/03/24 (Fri) 19:44 | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: わすれ草さん、ちょっと涙ぐんでしまいました。

> ストレスを溜めるボランティアならキッパリと止めるのが正解ですよ。

ボランティアの大先輩たちからのお言葉、嬉しいです。
ちょっとウルッとしました。
もう、吹っ切りますね。

じつは昨日は支援課への資料提出で時間をとられ、図書館に行けませんでした。
で、今日22日の投稿欄を読んできました。
女性2人、男性2人の投稿が載っていて、女性は2人ともお化粧を勧める内容でびっくり。
この投稿の件は今夜のブログに書きます。
よろしければ、読んでくださいませ。

2017/03/24 (Fri) 19:54 | REPLY |   

風のフェリシア  

Re: 待つことにイライラしたの。

べに丸さん、私は短気なところがあって、
相手が忙しいのだからと、ゆったりと待てなかったの。

相手のペースで自分のペースが乱される。
とてもストレスフルでした。

いま以上に相手が忙しくなって、もっと待たされるのはご免こうむりたいと
いう気持ちが、子ども食堂の子どもの笑顔より大きくなってしまったのよね。

ま、これもひとつの経験と言うことで。
jimduという無料のホームページ作成ソフトを使いこなせるようになって得した!
と思うことにします(^^)

2017/03/24 (Fri) 20:05 | REPLY |   

Post a comment