flower border

物語を綴る~生きる喜びを拾いながら~

おひとり様シニアのひとり言。

No image

抗がん剤副作用はイライラとペアでやって来る。

♪下~痢は続く~よ、どこまでも~♪体調は一歩一歩良くなっているのに、下痢だけは依然として続いています。もう金曜日だというのに。これで月曜日にはまた抗がん剤点滴と思うと恐怖です。おたまちゃんが「ビビらずに」っていうけど、もう今からビビりまくりです。幼子がまとわりついて「ママ、ママ」と呼び掛けているのに、スマホに夢中なお母さんがいました。ときどきみかける光景です。いま、ここでの親子関係を無視してスマホに...

日に日に若返る!

退院時と比較して、体重が4,5kg減った。体重計に乗るたび、身体年齢が若返って57歳だったのが52歳に。って、んなわけがないでしょ!と体重計に突っ込みたくなる(笑)今日は明日で愛犬ラヴィのてんかんの薬が切れるので、老体に鞭打って急行で一駅先の動物病院まで行ってきた。「きっと楽になるから」と薬をもらいに行くのを延ばし延ばしにしていたので、切れる間際になってしまった。今回はラヴィの診察はなく、2カ月分...

どうやら峠は越したよう。

一番しんどいところから、お蔭さまで昨日の夕方くらいから徐々に抜け出てきている。今日は昼間寝ていることが激減した。何かしよう、したいという気も起きてきた。が、なにせ体力がない。退院時と比べて、体重が5kg減った。ふらつくのも致し方ない。ずっとサッパリしたものしか食べたくなくて、そうめんかお粥か(下痢なので)、ウィダーインゼリー、なんとかバナナを食すばかりだったのが、今夜は、ななんと久々のたんぱく質を...

No image

ただいま、副作用で苦しみ中。

下痢がずっと続いていて、薬を飲んでも止まりません。昨夜は熱も出ました。体力が失われているので、ブログは回復するまでお休みしますね。にほんブログ村...

No image

ラッキーを探せ

抗がん剤2回目は水曜の夕方からムカムカが始まり、木曜はそれでも我慢できる程度だったけれど、金曜日には結局病院に電話し、吐き気止めの点滴をしてもらった。追加してもらっていた飲み薬はあまり効かなかった。が、1回目のときのようにそれでスッキリとはいかず。木曜から下痢も続き、Wパンチかと思いきや、今日からは舌の先に口内炎で、トリプルパンチです。そうめんにお蕎麦など、サッパリしたものしか食べられない上、下痢...

No image

意味不明でわけわかめ。

夕方4時半ごろ、固定電話が鳴った。私は相手の電話番号が表示されるサービスを契約していないので、電話が鳴ったらとりあえず出る。で、今回の電話、相手はなんと元夫のお兄さん。なんでも元夫がお酒を飲み過ぎて、低血圧になって倒れて病院に担ぎ込まれたそうだ。病院からお兄さんに電話があって、「『入院するにしろ退院するにせよ、付き添いがいる』と言われたが、僕がどうしても行かれないので」と。ま、半年ぐらい前に、元夫...

No image

私たちは幸せになるために生まれてきた

以前のブログに書いた記憶があるが、私は人生は幸せな瞬間、喜びの瞬間、悲しい瞬間、怒りの瞬間等々、様々な感情の色で描かれた点描画のようなものだと考えている。だから、哀しみ色、苦しみ色の多いときは、幸せな瞬間を自ら作って入れていこうと思っているし、そう心掛けてきたつもりだ。暗色が多いなかにパッと入る暖色は、ひと際胸に沁みる。いま、私はがん患者だけれど、病気一色にはしたくない。ブログのタイトルにある通り...

No image

2回目の抗がん剤点滴中

今朝は7時30分に家を出て病院へ。帰宅したのは午後5時15分。ワンコが長時間お留守番で、可哀想だった。抗がん剤は、前回と同じmFOLFOX6に「パニツブマブ」という薬が追加された。肝臓の癌に良く効く薬だそうだが、遺伝子に変異がある人には効果がない。私は遺伝子の変異がない約50%に入っているので追加された。副作用のメインは皮膚障害。ニキビのような発疹、かゆみ、皮膚の乾燥やひび割れ、詰めの周りの炎症などだ。予...

花鉢はもう増やさない覚悟だったけど

我が家の花鉢は、6月の入院・手術前に約半分に減った。ご近所さんたちに貰っていただいたのである。さらに、抗がん剤治療の前にはお気に入りのバラの鉢も約半分に減らした。副作用で体調が悪くなることも考えての処置で、もう絶対に鉢は増やさない覚悟だったのだけど・・・夏の寄せ植えを作ってしまった(><)↓これだ。なぜって、家主さんが先日訪ねてくださって「結晶はちみつ」をくださったのだ。「いつもお花を綺麗に咲かせ...
  • Category 
  • Comment 4

No image

私はまだ「おしものお世話」はされたくないです!

6月3日に入院するとすぐ、病院付属の看護学校の学生さんと指導官が来て、「看護実習をさせてくださいますか」と言われた。学生さんは、いま断ってもいいし、途中で断ってもいいなどと書いた同意書を緊張して読み上げ、「いかがでしょうか?」断る理由はない。いやむしろお役に立てるのなら嬉しい気持ちで受けた。毎日9時から15時まで来院し、ま、色々と話をしたり、こまごまとしたことのお世話になったり。手術室でも出迎えて...