flower border

物語を綴る~生きる喜びを拾いながら~

おひとり様シニアのひとり言。

No image

抗がん剤初体験。ほとんど副作用を感じない。

まず、私の大腸がんの手術に際して、心から祈ってくださったサヌ・ヒロさんの奥さまが今日入院。抗がん剤が劇的に効いて手術が可能となった癌の手術を明日に控えました。手術が無事に終わるよう、私も心からお祈りさせていただきます。サヌ・ヒロさんも看護疲れにどうぞお気をつけてくださいませ。私は朝は5時30分に起きて(ワンコが起こす)、ワンコのご飯、散歩をし、朝食を食べて病院へGO!昨夜は不安感MAXで、夜中に3度も...

準備万端整えた、と思う

明日は初めての抗がん剤点滴の日。朝7時ぐらいには家を出ないといけないので、今日はとくに早く寝る予定。で、早々にブログを書いている。点滴に掛かる時間は前後のなんやかやの時間を含めて約5時間だそうだ。長い。帰宅するのは午後3時ごろになる模様。帰宅したときの自分の状態で、ワンコをホテルに預けるかどうか決める。本当は初めての抗がん剤なので、今日からワンコを預けておいた方が安心だけど、抗がん剤治療はおそらく...

No image

2年8カ月の闘病の末

2年8カ月・・・小林麻央さんの闘病期間。どんなにか苦しい時間だったことでしょう。訃報のニュースで、まず思ったのは、「私には、彼女のような『きれい』な闘病はできないな。」私はもっと痛い痛いと喚き、辛い辛いとこぼし、ときには周囲に当たり、恨みつらみ、後悔苦海・・・。2年8カ月・・・私もそのくらいかしら?ついつい、自分と重ね合わせてしまいます。入院中にお隣にいた女性はすい臓がんから肝臓?に転移し、いまは...

花より団子になったみたい。

6月1日に内科による大腸内視鏡でS字結腸に大きな癌が見つかった。腸閉塞を起こす寸前の状態だった。そこで、「食事は今日は、素うどん。素うどんと水かお茶。それ以外はダメ。」と言われた。2日は大腸専門医のいまの主治医〇川先生の診察があり、バニラ味のドロッとした液体の缶詰を出されて、それを食事代わりにするよう言われた。3日に入院し、すぐに点滴で栄養補給。口からの食事は術後3日目の昼に重湯とコンソメスープと...

バラを半分手放すことにした。

今の体力+来週からの抗がん剤の副作用と考えると、やはりバラの鉢に朝夕水遣り&10日ごとの消毒薬の散布は難しいと思い、近所のバラ好きさんに電話。なん鉢か引き取ってもらうことにした。明日の10時ごろに来てくれる。この地域を仕切っているおっちゃん(そうです。私は関西に住んでいます。)にも声をかけ、近所の小学校の校門前の植え込みに植えてもらう約束も取った。入院前に「ご自由にお持ち帰りください」と張り紙をし...
  • Category 
  • Comment 8

No image

自覚症状が出てきた?

腰が痛い。持病の腰の骨ではなくて、両脇が鈍く痛む。緩~い坂をゆっくりゆっくり歩いても、息が切れる。退院した翌日、翌々日を頑張り過ぎた気がする。私は、ついつい頑張り過ぎるのが欠点のひとつだ。癌と知らなければ、ただの腰痛と思ってやり過ごすのだろうけど、肝臓に無数の癌とわかっているので、そのせいで腰が痛む気がしてしまう。夕方の花の水遣りがしんどくて、バラも半分以上手放そうと決心した。この腰の痛みに抗がん...

No image

「お金は掛かりますけどね。お金は掛かりますけどね」

私の大腸がんの主治医は、大腸が専門の外科部長だ。彼は、S字結腸にある癌は「これは手術しないといけません。腸閉塞を起こすからね。しないといけません。」と言い切りましたが、その後の抗がん剤治療に関しては、「どうしますか?抗がん剤しますね?僕たち医師は抗がん剤を勧めています。お金は掛かりますけどね。お金は掛かりますけどね。」と、同意を求める形だった。「お金が掛かる」、この1点で抗がん剤治療を諦める人もい...

No image

「なんも心配いらん、な~んも心配いらんですよ。」

タイトルは愛しのラヴィ(私のワンコの名)を15日間預かってくださったペットショップの店長さんの言葉です。昨日、ラヴィを送り届けてくれたスタッフさんから、最初大部屋で緊張して震えていたので、店長さんの判断で個室のデラックスルームに入れたこと。そこでスタッフさんたちにラヴィは甘え放題甘えて、15日間のびのび元気に過ごせたことを聞きました。もちろん、私は大部屋でお願いしていたので、料金は大部屋料金での請...

No image

退院してきました(^^)/

お陰さまで、今日のお昼頃無事退院し、帰宅しました。一番気になっていたワンコも元気いっぱい、お花もボランティアさんの丁寧な水遣りで、元気いっぱいです。嬉しい☆私は播種があったら人口肛門と言われていたのですが、不幸中の幸い、播種はなく人口肛門を免れました。これも本当に嬉しい☆腸閉塞の危険があったので術前から絶食で点滴のみ。口から重湯を採れたのはなんと8日後でした。口から食べられることの嬉しさ、歩けること...

No image

大腸がんの肝転移

ということになりました。大腸の腫瘍を生検できなかったのですが、(できものが邪魔?で)タイトル通りで間違いないそうです。う~ん、去年の4月にポリープをとったS字結腸なんだよね~。それは良性だったんだけど・・・。腸閉塞を起こす危険性があるので、明日外科の診察の後、緊急入院になるかもと看護師さん。まずは、大腸の手術になる予定。入院が何日ぐらいになるかは、明日外科医に聞いてくださいとのこと。ワンコが長期に...