flower border

物語を綴る~生きる喜びを拾いながら~

おひとり様シニアのひとり言。

がんになって一番悲しかった日

今日は泣きたい気持ちです。がんになって一番悲しかった日です。この5年間、最高の幸せをくれたバラたちがすべてなくなりました。ゴミ集積所に重ねられたバラの枝の山を見ると、涙が込み上げてきます。シルバー人材センターから派遣されて来た方はとても良い方で、しょぼ降る雨の中で、濡れながらバラを根元から切り、明日のゴミ収集で回収されるよう、切った枝をさらに30cmの長さに切りそろえて束ね、鉢の土は土嚢にまとめて...
  • Category 
  • Comment 3

No image

正直言って、とても寂しいです。

明日は午後から、シルバー人材センターの方に壁面に這わせたつるバラや、アーチのバラなどを処分してもらうことになっています。入院に備えて、今日は山椒や月桂樹、ローズマリーの鉢に「ご自由にお持ち帰りください」と張り紙をしてハイツの前に出しました。抗がん剤の副作用が酷いときに、花鉢の水やりがかなり負担でした。バラを美しく咲かすには水やりだけでなく、まめなお世話が必要ですが、何もできなくて、いま秋バラの咲く...
  • Category 
  • Comment 2

花鉢はもう増やさない覚悟だったけど

我が家の花鉢は、6月の入院・手術前に約半分に減った。ご近所さんたちに貰っていただいたのである。さらに、抗がん剤治療の前にはお気に入りのバラの鉢も約半分に減らした。副作用で体調が悪くなることも考えての処置で、もう絶対に鉢は増やさない覚悟だったのだけど・・・夏の寄せ植えを作ってしまった(><)↓これだ。なぜって、家主さんが先日訪ねてくださって「結晶はちみつ」をくださったのだ。「いつもお花を綺麗に咲かせ...
  • Category 
  • Comment 4

バラを半分手放すことにした。

今の体力+来週からの抗がん剤の副作用と考えると、やはりバラの鉢に朝夕水遣り&10日ごとの消毒薬の散布は難しいと思い、近所のバラ好きさんに電話。なん鉢か引き取ってもらうことにした。明日の10時ごろに来てくれる。この地域を仕切っているおっちゃん(そうです。私は関西に住んでいます。)にも声をかけ、近所の小学校の校門前の植え込みに植えてもらう約束も取った。入院前に「ご自由にお持ち帰りください」と張り紙をし...
  • Category 
  • Comment 8

麗し5月♪

バラが次々と花を咲かせています。高貴なバラ、クレアオースチン。私のニックネームのフェリシア。私はフェリシアの香りが一番好きです。そばに立つと、ふうっと風がフェリシアの香りを届けてくれます。至福のとき。遅咲きのナエマももう少し☆薔薇ジャムを作っているマダムピエール・オジェは、いまが満開。色にニュアンスのあるパウル・クレーも満開です。もっと上手に育てれば、花数が増えるのでしょうけど、まだまだ私は未熟者...
  • Category 
  • Comment 0