心変わり

みなさん、ごめんなさいm(__)m
心変わりしてしまいました。
コロコロ変わる、私はカメレオンババです。
全然論理的でないです(^^;)
どうぞ笑ってください。いや、呆れてください・・・。

診察日を今日に控えた2~3日前から、ふっと「抗がん剤してもいいかな?」って思うこともあったんです。
で、今日の診察で「腫瘍マーカーがまた上がってきています。抗がん剤しませんか?」と主治医の第一声で、
「はい。わかりました。します。」と答えている自分に気がつきました。

澄ました顔して「冷静に、科学的に判断した上での決断です。」とか言っていたのに、コロッと変わりました。
頭で考えての変更ではなくて、身体が返事した感じです。まさに「心変わり」。

「やっとわかってくれたか!」と、嬉しそうな主治医。

う~ん、わかったというより、気が済んだのかな。イチゴパフェの食べ歩きしたし、子ども食堂も2回したし、アイスやイチゴ大福、ぜんざい、シュークリーム等々、これまでしなかった間食をいっぱいしたし。空気ケーキと鶴橋の「入舟鮨」にはまだ行けてないけど。

それに初産のあと、「もう絶対あんな苦しいのは嫌!」と思っていたのに、半年~1年もすると忘れているというか、なぜか第2子を望んでいたりする、そんな感覚に似ているかも。

去年は大腸がんの手術でノックダウン。ふらふらと立ち上がる間もなく、抗がん剤でノックダウン。10日目あたりから何とか立ち上がると、また抗がん剤でノックダウンで。これを3カ月繰り返し、もうダメだと手を上げたら、抗がん剤が良く効いたから肝臓を手術しましょうとさらに強烈ノックダウン。やっとなんとか立ち上がったと思ったところで、また抗がん剤を勧められて、体力も持たないし、もううんざりだと感じていたのもある。

食べて、食べて、3カ月で5kgも太って、なんか満足したのでしょう。また抗がん剤をやってみようかなという気になりました。
だからといって、再発を防げるという訳でもないんですけどね。
全然理屈に合わないことをしている私に、私自身も戸惑っています。

主治医は「よっしゃー!」という感じで、明日に抗がん剤の予約を組みました。
やるのは前回後半と同じ6mFOLFOX+アヴァスチン。
明日から、私はだるさと吐き気とたぶん下痢に見舞われます。

主治医は抗がん剤を半年続ける予定ですが、前回、私は3カ月で音を上げています。
カメレオンババはまた心変わりするかも知れません。「もう抗がん剤は嫌!」と・・・
トホホ。私は本当にいい加減な奴ですね。

そんなわけで、とにかく「今は」抗がん剤治療を受けて、腫瘍マーカーが下がるかどうか、様子を見ることとします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

今日は書くことがない(><)

この時間まで、ブログに書くことが思い浮かばない。
焦るとなおさら思いつかず。

朝7時にワンコに起こされ(なぜワンコは時間がわかるのかなぁ?)、ワンコに朝ご飯をあげ、ぬいぐるみお運び遊びをし、お散歩に出かけ・・・って、ルーティンをこなすだけの毎日で感動もなく(←これはいかん!)。
毎日更新を続けている方々は尊敬する。

明日は1カ月ぶりの病院。
血液検査をして診察。
腫瘍マーカーが上がっていないように。
かかりつけ医が前回1月の血液検査の肝臓の数値が高いと言っていたのも、ちょっと気になる。
肝臓の数値も正常であるように!

あっ、3カ月で5kgも太ってしまった。
ウエストがなくなって、ビヤダル体型。これはやばい。原因は間食をするようになったから。わかっちゃいるけどやめられない。困ったものだ。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

理不尽に思うこと

京都府亀岡市で同居する父親の胸を踏みつけて死亡させたとして、31歳の長男が逮捕された。67歳の父親は病気がちでほとんど寝たきりで、長男が面倒を見ていたという。長男は無職と報じられているけど、介護離職だったんだろうか?67歳で寝たきりというのも気の毒だが、31歳という若さで先の見えない介護人生も気の毒。

こういう介護殺人や厚木市5歳児餓死白骨化事件のような事件が起きると、兄弟姉妹はいなかったのか?いたのなら、同居する兄弟に任せきりだったのか?とか、父親(母親)はちゃんと養育費を払い、面会をしてたのかとか、考えてしまう。
本来は親思いの優しい子が介護と貧困のストレスで親に手を掛けてしまい、扶養義務があるのに知らん顔だった兄弟姉妹は罪に問われないというのがなにか理不尽で。

子どもが育児放棄や虐待にあった場合も、離婚した、あるいは失踪したもう片方の親は扶養義務を果たしていたんだろうか?と思う。定期的に面会などしていたら、異常な状態に早く気づけたろうと。
祖父母に対しても同じ疑問を抱いてしまう。ひとり親が誰の支援もなく仕事と幼児の育児をこなそうとすれば、子どもにしわ寄せが来るのは目に見えている。
ひとり親に任せきりで、援助の手を差し伸べなかった扶養義務のあるもう片方の親や祖父母はなんのお咎めもないのか。

保育所には入れなかったのか?それとも入れようとしなかったのか?お金がなかったのか?息子あるいは娘がそういう苦しい状況であることを祖父母は知らなかったのか?知っていたが援助(ここでいう援助はお金のことだけではありません)できなかったのか?、それとも知っていても援助しなかったのか?

悲惨な事件の背景には家庭崩壊、家族解体、地域社会の崩壊がある。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

申し訳ないけど、着信拒否にした

ちょうど1週間前になるが、元夫と元義兄さんの電話番号を着信拒否に設定した。
元夫のケアマネさんも掛けてきたので着信拒否にしたかったが、そのときはナンバーディスプレィーに申し込んでいなかったため電話番号がわからない。

ナンバーディスプレィーは、月額400+税。たった432円だけど、年間にすれば5184円。馬鹿にならない金額だ。悔しいけど、掛かってきたときに断れず、ついつい話を聞いてしまう私は、着信拒否で身を守るしかない。

難病を患っている元義兄さんには申し訳ない気もするけれど、離婚してもう23年。元夫が口腔がんになった6年前までは元夫とも、もちろん元義兄さんとも、何の連絡も取り合っていなかった。娘が両足とも股関節臼蓋形成不全で入院・手術が何度も必要ということもわかった上でだ・・・

という具合に腹の奥底から怒りがきりなく湧いてくるので、やめよう。忘れよう。残された時間はできるだけ楽しく過ごしたい。着信拒否はできればしたくないけど、もうこれ以上心をざわつかせたくはない。

相変わらず元夫に振り回されている元義兄さんには申し訳ないけれど、私はもう真っ赤な他人なんです。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

なんも言えねぇ~

羽生くん、宇野くん、おめでとう!そしてありがとう!!!
正直、おばあちゃんはTVの前で心臓がバクバクでした。
羽生くんの体力が4分半持つかどうか、心配で、心配で。

金メダル
文春オンラインからお借りしました

宇野くんは初のオリンピックで、しかも順番が最後。緊張して転ぶのではと、心配で、心配で。
昌磨くんは自分の孫のような気がするのよね~。

昌磨くん
産経フォトからお借りしました

はぁ。TVの前でおばあちゃんも緊張しました。

いや~、オリンピックっていいですね~。
これ以上はなんも言えねぇ~。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

About this site
おひとり様シニアのひとり言。
About me
団塊世代のおひとり様です。
ガーデニング、手作り石けん、押し花などが趣味。
2017年5月31日、肝臓に無数の腫瘍発覚。
1日、大腸がんからの肝転移と判明。
6月7日大腸がん手術。
6月17日より抗がん剤治療始まる。
10月24日肝臓の転移がん切除手術。